その他

相模原障害者殺傷事件 どう受け止め どう考えるか

 

2017年3月18日(土)11:00(10時半開場)~16:30
会場:京都テルサ 大会議室  京都駅から徒歩15分、九条駅から5分

 

参加費:500円

 

■第一部(11:00-12:30)
「神奈川の現場より~亡くなられた方々のことと、現在の神奈川の動き~」
西角純志 氏 (津久井やまゆり園元職員、専修大学兼任講師。犠牲者の「生きた
証」を追っている)
ピープルファースト横浜(知的障害者の当事者団体、やまゆり園入所者の地域移
行を応援している)

 

(昼休憩1時間、昼食は各自でご用意お願いします。)

 

■第二部(13:30-15:00)
「事件についてそれぞれの思いを聴き、また語る時間」」
発言予定者:下記参照

 

■第三部(15:00-16:30)
「事件の背景や今後の課題について」
熊谷晋一郎 氏 (東京大学准教授・当事者研究)
「それでも他者とつながり生きる」(仮)
尾上浩二 氏 (DPI日本会議副議長)
「誰も取り残さない社会をめざして」(仮)

 

【問い合わせ先】
「国際障害者年」連続シンポジウム運営・実行委員会事務局
住所:京都市南区東九条松田町28メゾングラース京都十条101
日本自立生活センター(JCIL)内
電話:075-671-8484

詳細はこちら

その他

今年もあと僅か、一年が経つのが早く感じたのは私だけでしょうか。皆さんは、どのように振り返っておられるでしょうか?

 

この一年お世話になりました。そしてお疲れ様でした。役員の皆さんの支えによって活動が進んでいることに感謝して、京都頸髄損傷者連絡会としての活動を振り返り、私達の底力と新しい可能性を感じ、また新しい一年への期待を温めています。

 

今年は障害者差別解消法が施行されて、京都では京都府障害者権利条例が1周年を迎え、相談事例の検証結果から新しい課題も見えて、あらためて根気づよい活動の大切さを重く受けとめています。

 

来年は、定例会議にてお知らせしましたようにDPI日本会議全国大会(6/3・4)が京都で開かれます。私自身は京都での大会の事務局長として、大会開催に向けて補佐することになりましたことを報告いたします。当会としても貴重な地元開催になりますので、全国各地の仲間と交流する機会です。ひとりでも多くの皆さんが参加されますようお願いいたします。

 

今年もあと一日で終わります。来年も知恵を出し合い、力を合わせて京都の未来をつくる私達のパワーを信じて進んで参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

皆さまにとって良い年でありますように!
良いお年をお迎えください

 

京都頸損連絡会 会長 村田惠子

その他

~障害があることによって困ること、いやな思いをすることがない社会のために~

 

【第1部】

基調講演 金 政玉さん

(明石市福祉部福祉総務課障害者施策担当課長)

 

明石市に学ぶ『共生のまちづくり』

 

【第2部】

安心して暮らせてますか?京都の課題と取り組み

 

[日時]2016年12月17日(土)12:30~16:30(開場12:00)

[開場]京都テルサ 東館3階 大会議室

[参加費]300円

[主催]障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会

 

詳細は上記実行委員会のHPをご覧ください。