「より重度な者が安心して暮らせる社会へ」を目指し、情報交換や勉強会、行政への働きかけを行っています。

NPO法人 京都頸髄損傷者連絡会

*

京都頸損連絡会 新年会

  2016/12/10    活動案内

●日時

2017年1月14日(土) 13:30~150:30
(1月定例会:12:00~13:00)

 

●場所

らいふふぃーるど753
(京都市伏見区竹田北三ツ杭町17番地)

 

●会費
会員&賛助会員
15.00円(飲食代:15.00円・ビンゴゲーム景品:500円)
介助者の方々も参加費500円(ビンゴゲーム景品代:500円)お願いします。

 

正会員以外で参加を希望される方はお問い合わせフォームからお申込みください。

共に安心して暮らせる「京都デザインフォーラム」

  2016/12/07    その他

~障害があることによって困ること、いやな思いをすることがない社会のために~

 

【第1部】

基調講演 金 政玉さん

(明石市福祉部福祉総務課障害者施策担当課長)

 

明石市に学ぶ『共生のまちづくり』

 

【第2部】

安心して暮らせてますか?京都の課題と取り組み

 

[日時]2016年12月17日(土)12:30~16:30(開場12:00)

[開場]京都テルサ 東館3階 大会議室

[参加費]300円

[主催]障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会

 

詳細は上記実行委員会のHPをご覧ください。

京都YWCA祈祷週集会

  2016/10/23    その他

すべての人が安心して生きられる社会を目指して
障害者差別解消法と「津久井やまゆり園」障害者虐殺事件から考える

 

――― 共に考えてみませんか ―――
世界のYMCA/YWCA では毎年11 月の第2 週を「YMCA・YWCA 合同祈祷週」として社会や世界の抱えている様々な課題について共に祈りをささげる週としてきました。京都YMCA と京都YWCA では、毎年この週にその年の課題に沿った内容で企画し共に考える会を持っています。この会は、YMCA・YWCAの会員に限らずどなたでも参加できます。

 

日時:2016年11月12日(土曜)17:30~20:00(軽食提供 17:30、発題 18:00)

 

■発題

平田 義さん(社会福祉法人イエス団 愛隣デイサービスセンター・空の鳥施設長 )
〈プロフィール〉
日本基督教団向島伝道所牧師、社会福祉法人イエス団 愛隣デイサービスセンター・空の鳥 施設長、NPO 法人医療的ケアネット監事。地域で生きる障害のある人たちの居場所づくりに関わり、「優生思想からの脱却」と「いのちの多様性」について語り続けている。

 

村田 惠子さん(NPO法人京都頸髄損傷者連絡会長)
〈プロフィール〉
NPO法人京都頸髄損傷者連絡会会長、DPI 女性障害者ネットワーク副代表。2015 年4月に施行され、障害のある女性が障害と性別によって受ける複合的な困難への配慮について明文化した「京都府障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり条例」の制定に従事。

 

参加費:500円(軽食付き)
場所:京都YWCAホール
申込み:11/10 までに電話またはFAXにてお申し込みください。

 

【申込み・問い合わせ先】
・京都YMCA TEL:075-231-4388 / FAX:075-251-0970
・京都YWCA TEL:075-431-0351 / FAX:075-431-0352

 

京都YWCA祈祷週集会 チラシ(PDF 360KB)

ウィルチェア(車いす)ラグビー体験会

  2016/10/18    その他

2020年東京パラリンピック大会開催を契機に、障害のある人々のスポーツの普及と理解を進め、選手発掘を目指すとともに指導者の育成を図ることを目的に、「ウィルチェアラグビー」を紹介します。

 

開催日時:平成28年11月3日(木・祝)13時~15時30分
開催場所:京都市障害者スポーツセンター

 

どなたでもご参加いただけますので、興味がある方はお気軽にお申し込みください。健常者の方もOKです。

 

開催要項・申込み等の詳細(PDF 2MB)

 

京都頸損連絡会も後援しています。

大阪・京都頸髄損傷者連絡会・秋の合同交流会

  2016/09/10    その他

「天高く馬肥ゆる秋」を楽しもう!

頸損にとって過ごしやすい秋の到来、秋といえば大阪京都頸損合同交流会の季節ですね~。今回は爽やかな緑の芝にみちびかれて、阪神競馬場の散策を企画しました。当日はPW(パークウインズ)なので来場者も少なく、スタンドの内外もゆっくり見学できます。もちろん投票を楽しむのもありです!(熱くなり過ぎないようにね!!)

注)当日は京都で秋華賞(G1)があり、阪神競馬場での出走はありません。

 

【日時】

2016年10月16日(日)

・13:30(集合)~16:00(集合後解散)

・17:30~19:30 有志で二次会(西宮北口駅周辺で予定中です)

 

【場所】

阪神競馬場(台風・大雨の場合中止、小雨決行・雨具を持参してください)

 

【集合】

阪急今津線仁川駅・東改札口(集合後移動して、チケット売場前で写真撮影の予定)

 

【参加費】

PW(パークウインズ)の日で無料

 

【駐車料金】

1台1,000円(終日)、車いす区画は数台分有。(係員に声掛けして下さい)

障害者手帳を必ずご持参ください。

 

【参加申し込み締切】

9月30日(金)(なるべく早くお申し込み下さい。)

 

【アクセス】

大阪から阪急神戸線、京都烏丸から阪急京都線・十三経由阪急神戸線。

ともに西宮北口駅で乗り換えて宝塚方面へ。阪急今津線仁川駅下車、東改札口へ

 

■参加申し込み

お問い合わせページからお申し込みください。

春の企画「新世界食べ歩き」

  2016/04/19    活動案内

ようやく春が来て暖かくなりましたね、みなさん如何お過ごしでしょうか。障害者差別解消法も施行された今日この頃、「今春も一緒に出かけましょう」ということで大阪は“新世界”に行ってみませんか。下記のとおり企画しましたので、多数のご参加お待ちいたします。

 

日時:5月21日(土)
10時40分  京都駅集合
13時    昼食(串かつ/横綱)
15時~17時 自由行動
19時ごろ  解散(京都駅)

 

集合場所:JR京都駅 西改札口(2階の中央)

※11時頃発の電車に乗る予定ですので、必ず予め切符は購入して、遅れないようにお願いします。

 

費用:JR京都駅~新今宮 往復1840円/人
(介助者同伴の場合 往復920円/人)
昼食コース(飲み放題付) 2500円/人

 

周辺にはじゃんじゃん横丁・元祖串かつ “だるま”・通天閣・天王寺動物園・大阪市立美術館・統国寺・あべのハルカスなど楽しみがいっぱいです。

 

申込締切:5月10日(火)
参加される方は http://keison.moo.jp/?page_id=5 からご連絡ください。

女性差別撤廃委員会 日本政府審査傍聴&ロビーイング活動報告会 in 京都

  2016/03/05    活動案内

日時:2016年3月21日(月・祝)14:00〜17:00
会場:ハートピア京都 第5会議室
事前参加申込み 不要
参加費 無料

 

「障害のある女性」が複合的な差別を受けていることに、ようやく光が当たり始めました。京都府では「障害のある女性」に全国で初めて言及した条例が昨年4月から施行されています。
複合差別をなくすためには、「女性の人権」問題としても取り組む必要があります。今年2月16日、ジュネーブで国連の女性差別撤廃条約委員会による第7・8回日本政府審査が行われました(日本は1985年に条約を批准)。私達DPI女性障害者ネットワークはその場に障害女性を送り出し、昨年出された「課題リスト」(=女性差別をなくすために取り組むべきことの一覧)に盛り込まれなかった課題も含め各国の委員にロビーイングをし、日本政府がどう答えるのかを見守りました。
昨年7月に続き、今回はさらに多くの方々の支援を受けて、DPI女性障害者ネットワーク派遣団(介助/通訳者を含む11人)が、草の根の声を届けてまいりました。国連でのロビー活動報告とともに、そのことが今後私たちの生活にどのように影響していくのかをお話ししたいと思います。

 

<予定プログラム>

開会あいさつ  香田 晴子(日本自立生活センター)
ジュネーブ派遣団から
「なぜDPI女性障害者ネットワークは国際ロビーイング活動に派遣を決めたのか?」
「女性差別撤廃委員会 傍聴&ロビーイング活動報告/今後に向けての取り組み 活動アピール」

 

派遣団長: 藤原 久美子
自立生活センター神戸Beすけっと・事務局長 ピア・カウンセラー(視覚障害) 。妊娠・出産で受けた複合差別体験をもとに、2011年よりDPI女性障害者ネットワークのメンバーとして活動。

 

派遣団員: 加納 恵子
関西大学社会学部教授(地域福祉)元内閣府障害者政策委員会差別禁止部会委員 ポリオ・サバイバー(右上肢全廃/左下肢弱)

 

閉会あいさつ  村田 惠子(京都頸髄損傷者連絡会)

 

 

主催:障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会 女性部会
お問合せ先:日本自立生活センター [担当]香田
TEL: 075-671-8484 FAX: 075-671-8418 Email: jcil@cream.plala.or.jp

吃音の悩み 男性「差別の人生」障害者手帳求め法廷に立つ

  2015/12/08    福祉情報・ニュース

毎日新聞 2015年12月6日

 

なめらかな発語が難しい吃音(きつおん)に悩み抜いてきた半生を、法廷で訴えようとしている男性がいる。仙台市の無職、桜田俊介さん(47)は幼い頃からいじめや、からかいに遭ってきた。成人後も電話で不審者や外国人と間違われ、公園で子供に声をかけて変質者扱いされたこともある。吃音が原因で失職し、自殺も考えた。「吃音者が差別される現状を広く知らせたい」と話す。

http://mainichi.jp/articles/20151206/k00/00m/040/106000c

65歳を境に障害者の自己負担9倍 介護保険優先維持で

  2015/12/08    福祉情報・ニュース

福祉新聞WEB 2015年12月07日

 

厚生労働省は11月27日、障害福祉サービスの利用者が65歳になり介護保険サービスの利用に移った結果、自己負担が約9倍に増えたとする調査結果(中間報告)を明らかにした。同日の社会保障審議会障害者部会に報告した。厚労省は、65歳を超えると介護保険の利用を優先する原則を維持する方針。障害者総合支援法の見直し議論では、高齢障害者の問題が大きな論点になっている。

http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/11377

第3回 共に安心して暮らせる京都デザインフォーラム

  2015/11/07    福祉情報・ニュース

~障害があることによって困ること、いやな思いをすることがない社会のために~

◆内容
●京都府障害者権利条例クイズ!
〔京都実行委員会条例活用部会〕

●各分野からの報告
・地域とのつながり
〔京都市ふしみ学園〕

・警察への啓発活動
〔京都手をつなぐ育成会〕

・ピープルな人々~ぼくたちの暮らしと意見~
〔ピープルファースト京都〕

・相談支援センターからの報告
〔京都市南部障がい者地域生活支援センター「あいりん」〕

◆日時
2015年11月14日(土)13:00-16:30(開場12:30)

◆会場
京都テルサ東館2階セミナー室
(京都市南区東九条下殿田町70番地)
・JR京都駅(八条西口)より南へ徒歩約15分
・近鉄東寺駅より東へ徒歩約5分
・地下鉄九条駅4番出口より西へ徒歩約5分
・市バス九条車庫南へすぐ   

◆参加費:300円

※手話通訳・要約筆記・点字資料の必要な方は11月2日までにお知らせください。

◆共催
障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会
京都知的障害者福祉施設協議会

◆連絡先
〒601-8036
京都市南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101 日本自立生活センター気付
TEL:075-671-8484 FAX:075-671-8418
http://www.jouyakukyoto-hamon.com