「より重度な者が安心して暮らせる社会へ」を目指し、情報交換や勉強会、行政への働きかけを行っています。

NPO法人 京都頸髄損傷者連絡会

旧優生保護法関係資料の保管状況調査の結果について

台風、地震等で被災されたかたもおられるかと思います。お見舞い申し上げます

 

さて4月に厚労省が依頼した都道府県等での調査結果のまとめが公表されました。公文書で確認された優生手術数だけでなく、厚労省保管の中央優生審査会や厚労科研等の資料がPDFであがっています。障害があるということで「命の選別」をされた過去を知る資料として、紹介させていただきます。

 

■旧優生保護法関係資料の保管状況調査の結果について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01166.html

 

以下、概要を貼り付けます。上記URLにPDFへのリンクがあります。

旧優生保護法に関して、「与党旧優生保護法に関するワーキングチーム」や「優生保護法下における強制不妊手術について考える議員連盟」からの要請に基づいて行った、都道府県等及び厚生労働省が保管する旧優生保護法関係資料の調査結果を公表いたします。なお、同様の要請に基づき行っている、市町村(保健所設置市を除く。)や医療機関・福祉施設等に対する調査は、現在継続中です。

 

【都道府県等の保管する資料について】
調査結果概要
総括表1(調査全体の件数)
総括表2(各都道府県、保健所設置市、特別区別の件数)

 

【厚生労働省の保管する資料について】
調査結果概要(資料一覧含む)
資料
1.通知及び事務連絡
2.地方自治体からの疑義照会及び回答
3.中央優生保護審査会又は公衆衛生審議会優生保護部会に関する資料
4.厚生科学研究報告書 (1)(2)(3)
※(1)(2)に管理番号4-1、(3)に管理番号4-2から4-5までの書類があります。
5.旧優生保護法の改正等に係る内部検討資料
6.その他の資料 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
※(1)に管理番号6-2から6-14まで、(2)に管理番号6-15から6-26まで、(3)に管理番号6-27から6-36まで、(4)に管理番号6-37から6-48まで、(5)に管理番号6-49から6-69まで、(6)に管理番号6-70から6-112まで、 の書類があります。

京都・大阪頸髄損傷者連絡会 秋の合同交流会

涼をもとめてニフレルへGO!

焼けるような日差しも少し和らいで、過ごしやすい季節になりましたね!?(今、は酷暑の真っただ中なので希望と願望を込めた案内になりました)秋になれば大阪京都頸損合同交流会の季節ですよ~。今回は太陽の塔を横目に昼食交流会と生きてるミュージアム ニフレルで楽しい時を過ごしてみませんか!

終了後はお土産購入時間もあります!

 

■日時

2018年10月14日(日)11:00(集合)~14:30(集合後解散)

■場所

EXPOCITY(台風・大雨の場合中止、小雨決行・雨具を持参してください)

■予定

11:00 109シネマズ大阪エキスポシティ(ガンダム像)前集合/集合後、ららぽーと3階フードコートへ移動(昼食交流会)

13:00 EXPOCITYニフレルへ移動

13:30 生きてるミュージアム ニフレル見学

14:30 見学終了、ニフレル前集合(集合写真の後解散、オプション:希望者で14:50頃から、太陽の塔周辺散策(入館は不可)、国立民族学博物館散策)

※ 解散後は人気のパンケーキ屋、珍しい食べ放題のケンタッキーに行くのも良いのでは!?

■参加費

昼食はフードコートにて和食、洋食、中華、軽食など、各自で清算

ニフレル入館料950円/1人(※障害者手帳を呈示時の本人・介助者の金額です。障害者手帳の原本を忘れずに、各自で清算)

■希望者

万博記念公園250円(※障害者手帳を呈示で無料、障害者手帳を忘れずに)

■駐車料金

1台に付き30分200円、ニフレルへの入館で2時間が無料になります。

ニフレルとEXPOCITY内の買い物合計額で駐車サービスが変わります。

EXPOCITY駐車場には、車イス専用が41台、EV専用が10台の専用駐車場があるようです。詳しくは駐車場の警備員にお尋ねください。

■多目的トイレ

1F、2Fそれぞれ1箇所ずつ完備されています。(EXPOCITY内)

■アクセス

阪急京都線・南茨木駅、阪急宝塚線・蛍池駅、阪急千里線・山田駅、地下鉄御堂筋線・千里中央駅、地下鉄谷町線・大日駅、京阪電車・門真駅、

ともに大阪モノレールに乗り換えて万博記念公園駅下車、徒歩5分

■参加申し込み締切

9月30日(日)

会員の方へは後ほど出欠ハガキをお送りします。会員以外の方はホームページよりお申し込みください。

夏の懇親会のご案内

厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。少しでも楽しいひとときが過ごせるように、恒例の夏の懇親会を下記の通り計画しました。

 

日時:8月25日(土)18:00~20:00
場所:イオンモール京都4階フードコート
会費:無し(飲食代各自負担)

 

その場でそれぞれ注文してもらいます。気軽に参加できますのでたくさんのご参加をお待ちしております。

 

会員の方はお手数ですが前日までに出欠の返信をお願いします。また、当日急な参加も歓迎しますので、よろしくお願いします。

 

会員以外の方はホームページよりお申し込みください。

〈学習会〉介護報酬の改定から見える地域生活を考えるための課題と評価

5月19日に開催された京都頸損連絡会の学習会における資料を公開いたします。
内容は、「介護報酬の改定から見える地域生活を考えるための課題と評価」~4月からの障害福祉制度の仕組みを中心に~です。

 

資料をお読みになった上で、新しいサービスや変更点などについて質問がありましたら受け付けております。問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

【資料ダウンロード】

 

学習会プログラム(PDF 790KB)
1. 介護保険との関係(「共生型サービス」など)
2. 自立生活援助の具体性
3. 医療と障害福祉との連携について(日中活動、グループホームなど)
4. 相談支援事業
5. 障害児支援
6. 2018年度制度再編の諸課題(生活介護短時間利用減算、重度訪問の入院時利用など)

 

別冊資料(PDF 730KB)
<参考①>共生型サービスの報酬・基準について
<参考②>2018年度 障害保健福祉部予算案の概要
<参考③>2018年3月14日 障害保健福祉関係主管課長会議資料項目概要
<参考④>地域生活支援事業の円滑な実施について
<参考⑤> 社会保障全体の再編動向

 

障害者総合支援法 サービス体系表 2018年度版(PDF 340KB)

リチウムイオンバッテリーの支給について

厚労省のホームページに簡易電動車いすが対象に

 

長年、京都市と交渉し、昨年は厚労省に陳情に行きました リチウムイオンバッテリーの支給について厚労省のホームページに以下のように明記されました。

 

※簡易電動車いすが対象になります。

厚生労働省ホームページ 1 補装具費支給制度

イ 補装具費支給事務取扱要領 PDF
(52ページの冒頭に「第5車椅子及び電動車椅子に関する取扱い」)


1 バッテリーの取扱い
電動車椅子のバッテリーについては、日常生活圏における坂道及び悪路の状況等、使用者の使用環境等を十分把握し、適切なバッテリーを選定すること。
なお、リチウムイオンバッテリーは簡易型電動車椅子に限り支給可能であること。


と記載されていますので、支給対象になったということです。

 

このリチウムイオンバッテリーの厚労省への陳情に際して
全国脊髄損傷者団体連合会の大濱さんにご尽力いただいたことに
心より感謝申しあげます。

第4次障害者基本計画策定

■障害者基本計画本文(2018年3月30日閣議決定)

 

(第4次計画 2018年度~2022年度)

【テキスト】
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/txt/kihonkeikaku30.txt

【ルビなしPDF】
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/pdf/kihonkeikaku30.pdf

【ルビありPDF】
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/pdf/kihonkeikaku30ruby.pdf

 
 

■パブコメ結果
障害者基本計画(第4次)案に関する意見募集の結果について
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)

 
1. 定めようとする命令等の題名
障害者基本計画(第4次)
2. 根拠法令項
障害者基本法(昭和45年法律第84号)第11条
3. 対象が定められた日
平成30年3月30日
4. 提出意見数
275件
5. 提出意見概要
【テキスト】
http://www8.cao.go.jp/shougai/txt/keikaku4th_kekka.txt
【ルビなし】
http://www8.cao.go.jp/shougai/pdf/keikaku4th_kekka.pdf
【ルビあり】
http://www8.cao.go.jp/shougai/pdf/keikaku4th_kekka_rubi.pdf

 

※上記の掲載元は内閣府サイトです。
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/wakugumi.html#kihon4

「全国総会・大阪大会のご案内」訂正のお知らせ

   その他

2月中旬に本部から送付された「全国総会・大阪大会のご案内」に誤りがありました。

 

【誤】

振込先:郵便口座
00940-237089
口座振込名義 : 島本義信

 

【正】

振込先:郵便口座
00940-5-237089
口座振込名義 : 島本義信

 

訂正してお詫び申し上げます。

新年のご挨拶

   その他

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。

 

会員のみなさまのご協力により、京都頸髄損傷者連絡会の運営と活動ができておりますことに感謝申しあげます。本年も当会の活動に、ご理解とご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて現在、国において「第4次障害者基本計画」、京都府では「第5期京都府障害者福祉計画及び第1期障害児福祉計画」、京都市でも「次期京都市障害者施策推進計画および第5期京都市障害者福祉計画」と私達の生活に関わる施策の策定の審議が進められています。

 

京都頸髄損傷者連絡会としても、策定に関わる審議会および協議会に委員として出席し、「障害によって分け隔てられない、一人ひとりの人格が尊重され、互いに認め、支え合える社会の実現」に向けて、京都府と京都市に提言しているところです。

 

しかしながら社会の多様化とともに障害も多様化する現状に、 行政の施策が追いつかない状況は、みなさまもご周知のとおりです。

 

どんなに障害が重くても、一人ひとりが自ら選んだ生き方ができる社会でなければいけませんし、障害によって様々な困難があるならば、それは社会の責任として取り除かれなければなりません。

 

これからも会員のみなさまからのご意見、ご提案をいただきながら、私達の求める「誰も取り残さない社会」の実現に向けて邁進する所存です。

 

今後とも、叱咤激励、ご指導ご鞭撻くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

京都頸髄損傷者連絡会
代表 村田惠子

居場所づくり勉強会 第51弾優生思想問題

『障害者の強制不妊手術』

 

どうして障害があるというだけで、若い女性らが強制的に「妊娠・出産ができないようにされる手術」を受けさせられてきたのでしょうか。なぜ施設入所のために、月経を無くす手術を強制されなければならなかったのでしょうか。日本では1996年まで優生保護法という法律があり、わかっているだけで16,600人が手術を強いられました。手術が、一人ひとりの心身に与えたダメージは顧みられませんでした。
最近ようやく宮城県の方から声があがり、国の責任を問う裁判が始まろうとしています。この動きにどんな意味があるのか。映像を見ながら、ともに学びませんか?

 

◆内容
<ビデオ上映>
講師:松波めぐみ(龍谷大学非常勤講師)
・ 映像1『忘れてほしゅうない -隠されてきた強制不妊手術-』
脳性まひの佐々木さんは、19歳の時に施設に入る条件として「コバルト照射」を受けさせられます。その後も長く痛みや不調に苦しみました。
・ 映像2 『レイラニ・ミュアの不妊手術』
カナダのレイラニさんは預けられていた施設で「精神薄弱(知的障害)」とみなされ、説明もなく手術を受けさせられます。のちに、カナダ・アルバータ州政府を訴え、勝訴します。(アルバータ州には、日本の優生保護法と同じような法律があった)

 

<強制不妊手術の被害者家族が1月の提訴で伝えたいこと>

 

話し手:村田惠子(DPI女性障害者ネットワーク副代表・京都頸髄損傷者連絡会代表)

 

横川ひかり(優生手術に対する謝罪を求める会)
10代の頃に優生保護法の下、「遺伝性精神薄弱」という診断で強制不妊手術をされた、宮城県に住む知的障害の女性とご家族が、この1月に国家賠償と謝罪を求めて仙台地裁へ提訴します。なぜ強制不妊手術を受けなければならなかったのか。その女性とご家族の思いを考えたいと思います。

 

◆日時:1月17日(水)17:30~19:30

◆場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター
京都市南区東九条東岩本町31

◆参加費:無料
※手話通訳・要約筆記・点字資料は1/7までに下記の連絡先へ

◆主催:日本自立生活センター

◆協力:障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会女性部会

◆連絡先:日本自立生活センター
TEL:075-671-8484
FAX:075-671-8418

2017秋の京都・大阪合同交流会

   その他

伏見の酒蔵で昼食会

酒蔵の見学🍶 周辺散策

 

厳しかった残暑も遠ざかり、ようやく過ごしやすい秋が来ましたね。今年も京都大阪頸損連合同交流会を開催します。今年は京都での開催、観光で訪れる人が多い京都の中心から少し離れた魅力たっぷりな伏見界隈を散策しましょう。

 

かつて安土桃山時代には政治の中心となり、坂本龍馬ゆかりの地でもあるこの界隈には今も昔ながらの街並みが残されていて、絶対一見の価値有り!です。その伏見の酒蔵を中心に、いっしょに歴史に思いを馳せてみませんか。

それでは皆さん、美味しいお酒と地ビールが待ってますよ!!

 

【日時】

10月15日(日曜日) 12:00(集合)~17:30頃(解散)

※雨天時は昼食後の予定を変更して実施します。

 

【場所】

12:00 集合@京阪電鉄 伏見桃山駅
※駅北西の三井住友銀行と近畿労働金庫の近辺にお願いします。出店が出ていることがありますので、周辺の通行にはご注意ください。

 

13:00 昼食@キザクラカッパカントリー
※食事の予約必須でしたので、酒蔵弁当(税込1,620円;天ぷら盛り合せ・お作り2種盛り合せ・季節の野菜炊き合せ・酢の物・御飯・お吸物・甘味)を予約しています。
※介助者の方が食事はしない場合の席のみの予約は可能ですので、その場合は必ず参加申し込みの時にお伝えください。

 

14:30 周辺の街並みを散策

近くには会津藩駐屯地跡・白菊水(伏見七名水のひとつ)・神聖酒造と鳥せい本店・イエズス会伏見教会跡地などの史跡

 

15:15 月桂冠 大蔵記念館を見学

入館料;大人300円(障害者割引ありません) 試飲できます!

 

16:30 宇治川派流付近を散策

十石舟・長建寺や映画の撮影にもよく使われる街並み

 

17:00 寺田屋・龍馬商店街

あの坂本龍馬が襲撃された旅籠とその龍馬に因んだ商店街

 

17:30頃 解散 京阪中書島駅も近いです

 

18:00 二次会@『おばんざい・お酒処 こもり

※参加人数を当事者介助者合せて15人程度とさせていただきますので、参加希望者は申し込み時にお伝えください。会費は4,000円です。二次会のみの参加もOKです!

 

【参加費】

1,920円 昼食・月桂冠入館料 (二次会参加は別途4,000円)

 

【参加締め切り】

10月7日(土曜日) 二次会もこの日までにお願いします。

 

申し込みフォーム

※京都頸損連絡会の会員以外の方は、必ず備考欄に連絡先(電話番号、メールアドレス)をご記入ください。